服部 幸が説く房毛(ふさげ)の話|ペットと安心して楽しく暮らすための情報満載の@niftyペット

@niftyペットとは

全国の動物病院検索をはじめ、獣医さんによるコラムやお悩み相談、はじめてペットを飼う方にも安心してご利用いただけるペット図鑑や医学書など、幼生期から終末期、緊急時から日常利用まで幅広くご利用いただけます。

ファミリー

@niftyペットでは、飼っているペットの情報やお住まいの地域をブラウザのcookieに保存することで、より便利にお使いいた

さい。

あなたの飼っている(検討中の)ペットは何ですか?

あとで見たいページを5件までストックします。

房毛(ふさげ)の話

耳の房毛

猫の耳の先には「房毛」という毛が生えています。

一部の長毛種では目立ちますが、短毛種の子でも短い房毛が生えています。
(中にはほとんど分からない子もいます)

写真の赤い丸で示した耳の先に伸びた毛です。
この毛は飾りではなく音をよく聞くために役立っていると考えられています。

野生の猫である「オオヤマネコ」や「カラカル」という猫はとても立派な房毛を持っています。
この房毛を切ってしまうと狩猟能力が落ちてしまうそうです。

一度猫ちゃんの耳の先をよく見てみて下さい。

房毛は生えていましたか?

執筆者のご紹介

服部 幸

服部 幸院長

北里大学獣医学部卒業
2年半の動物病院勤務
2005年よりSyuSyu CAT Clinic 院長を務める
2006年にアメリカのテキサス州にある猫専門病院 Alamo Feline Health Centerにて研修プログラム修了。
2012年東京猫医療センターを開院する
8年間、猫の専門医療に携わる。

東京猫医療センター
東京都江東区森下1-5-4
0362402271

東京猫医療センター

135-0004 東京都江東区森下1-5-4

0362402271

東京猫医療センターの詳細を見る

関連するペットコラム

column

ペットのお悩み相談

最新のお悩み相談

動物病院を検索

条件を指定して探す

  • キーワード

  • サービス・設備

@niftyペットとは

全国の動物病院検索をはじめ、獣医さんによるコラムやお悩み相談、はじめてペットを飼う方にも安心してご利用いただけるペット図鑑や医学書など、幼生期から終末期、緊急時から日常利用まで幅広くご利用いただけます。

ファミリー

@niftyペットでは、飼っているペットの情報やお住まいの地域をブラウザのcookieに保存することで、より便利にお使いいた

さい。

あなたの飼っている(検討中の)ペットは何ですか?

あとで見たいページを5件までストックします。