近藤 仁が説く乳腺腫瘍|ペットと安心して楽しく暮らすための情報満載の@niftyペット

@niftyペットとは

全国の動物病院検索をはじめ、獣医さんによるコラムやお悩み相談、はじめてペットを飼う方にも安心してご利用いただけるペット図鑑や医学書など、幼生期から終末期、緊急時から日常利用まで幅広くご利用いただけます。

ファミリー

@niftyペットでは、飼っているペットの情報やお住まいの地域をブラウザのcookieに保存することで、より便利にお使いいた

さい。

あなたの飼っている(検討中の)ペットは何ですか?

あとで見たいページを5件までストックします。

乳腺腫瘍

スキンシップで早期発見 

日頃のスキンシップで、おなかをなでていると…ボコっとしている…
なんてことないですか?もしかしたら、この「しこり」は乳腺腫瘍かもしれません。
右の絵のように、わんちゃん、ねこちゃんはたくさん乳頭を持っていますよね。実は、それぞれに乳腺があるのではなく、縦につながって乳腺があるのです。(点線で囲まれた部分をさします)
どうしてしこりはできるの?
実は、はっきりとした原因は不明なのです。しかし、「女性ホルモン」との関係があると言われています。
なぜなら…早くに避妊手術を受けると、発生率が低くなるからです!!

症状は?
大きさはさまざまで、硬い場合も、あまり硬くない場合もあります。
良性腫瘍の場合は痛みはないのですが、乳頭孔(ちくび)から血まじりの分泌物や膿が出る場合があります。
悪性腫瘍の場合は、しこりの部分が熱をもったり、皮膚の表面が「壊死」したり「自壊」して出血したりします。
発育は、1~2ヶ月で急に大きくなるものや、数年かかって大きくなるものがあります。

発見したら受診を

見つけたらどうしたらいいの?
見ただけでは、良性・悪性の判断はできません…。
そのため、ちゃんと手術で摘出してもらい、良性か悪性かを検査してもらいましょう。
わんちゃんの場合、良性が5割、悪性が5割と言われています。
ねこちゃんの場合は、良性が2割、悪性が8割と言われています。
まずは、健康状態としこりの状態を診てもらうためにも診察をお受けください。
この病気は、日頃のスキンシップで発見できます!!そして、早めの避妊手術で予防ができます!!
高齢になってからの手術では、体力が衰えているわんちゃんにとっては大変なことです…。
お互いが辛い思いをしないためにも、「手術をするのはかわいそう」より「病気になったらかわいそう」と考えてあげてくださいね。

執筆者のご紹介

近藤 仁

近藤 仁獣医師

こんどう動物病院
三重県伊勢市小俣町宮前725
0596223929
HPはこちら

こんどう動物病院

519-0504 三重県伊勢市小俣町宮前725

0596223929

こんどう動物病院の詳細を見る

関連するペットコラム

column

ペットのお悩み相談

最新のお悩み相談

動物病院を検索

条件を指定して探す

  • キーワード

  • サービス・設備

@niftyペットとは

全国の動物病院検索をはじめ、獣医さんによるコラムやお悩み相談、はじめてペットを飼う方にも安心してご利用いただけるペット図鑑や医学書など、幼生期から終末期、緊急時から日常利用まで幅広くご利用いただけます。

ファミリー

@niftyペットでは、飼っているペットの情報やお住まいの地域をブラウザのcookieに保存することで、より便利にお使いいた

さい。

あなたの飼っている(検討中の)ペットは何ですか?

あとで見たいページを5件までストックします。