近藤 幸司が説くマダニ寄生の危険性|ペットと安心して楽しく暮らすための情報満載の@niftyペット

@niftyペットとは

全国の動物病院検索をはじめ、獣医さんによるコラムやお悩み相談、はじめてペットを飼う方にも安心してご利用いただけるペット図鑑や医学書など、幼生期から終末期、緊急時から日常利用まで幅広くご利用いただけます。

ファミリー

@niftyペットでは、飼っているペットの情報やお住まいの地域をブラウザのcookieに保存することで、より便利にお使いいた

さい。

あなたの飼っている(検討中の)ペットは何ですか?

あとで見たいページを5件までストックします。

マダニ寄生の危険性

マダニ寄生、増えてます!

↑あくまでイメージです
マダニは動物の体に付着すると、口の先端をしっかりと皮膚に食い込ませてから、何日もかけて血を吸っていきます。
一度しっかりと食いつくと、ちょっと引っ張った程度では、まず取れません。
無理に引っ張ると、頭や口先だけがちぎれて皮膚の中に残ってしまうくらい、しっかりと固定されているのです。
初めはほんの米粒にも満たないような大きさですが、血を吸ってどんどん膨らみ、最終的には小指の先くらいの大きさになります。
飼い主さんがダニに気づくのは、かなり大きくなってからのことがほとんどです。
この頃になると、ダニの唾液の中に含まれている細菌や寄生虫が、動物の体内にも入ってしまっている心配があります。

最近のトピックスとしては、ダニに噛まれたことが原因で、「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」というウイルス病に感染して亡くなられた方もいらっしゃいます。
幸い、SFTS自体は犬や猫での発症例はありませんが、この他にライム病やバベシアなどの病気に感染する可能性があります。

○動物は毛深いので、もしマダニが付いていてもなかなか発見できない。
○吸血される時間が長いと、ダニが媒介するいろいろな病気に感染する可能性がある。
このことから、「ダニが付いたら取る。」ではなく、「ダニが付かないように予防する。」ことが非常に重要だと言えます。
マダニの予防には、動物の背中に数滴垂らすことで、約1ヶ月間効果を発揮する、スポット剤というタイプのものが広く使われています。
無理に飲ませる必要がなく、しかもシャンプーをしても効果はきちんと持続する優れものです。
最近では、ジェネリックの製品も出てきて、費用的にもお勧めしやすくなりました。
安心してお散歩を楽しむために、フィラリアだけでなくマダニの予防も、ぜひご相談下さい!

執筆者のご紹介

近藤 幸司

近藤 幸司院長

2006年 酪農学園大学獣医学部卒
大学在学中にペット栄養管理士資格取得
2008年  iVEAT腹部超音波研修修了

所属:北海道小動物獣医師会
   ペット栄養学会

よつば動物病院

061-1409 北海道恵庭市黄金南7丁目9-11

0123320428

よつば動物病院の詳細を見る

関連するペットコラム

column

ペットのお悩み相談

最新のお悩み相談

動物病院を検索

条件を指定して探す

  • キーワード

  • サービス・設備

@niftyペットとは

全国の動物病院検索をはじめ、獣医さんによるコラムやお悩み相談、はじめてペットを飼う方にも安心してご利用いただけるペット図鑑や医学書など、幼生期から終末期、緊急時から日常利用まで幅広くご利用いただけます。

ファミリー

@niftyペットでは、飼っているペットの情報やお住まいの地域をブラウザのcookieに保存することで、より便利にお使いいた

さい。

あなたの飼っている(検討中の)ペットは何ですか?

あとで見たいページを5件までストックします。