佐藤 貴紀が説く動物だって辛い!!「犬の鼻炎」~病状編~|ペットと安心して楽しく暮らすための情報満載の@niftyペット

@niftyペットとは

全国の動物病院検索をはじめ、獣医さんによるコラムやお悩み相談、はじめてペットを飼う方にも安心してご利用いただけるペット図鑑や医学書など、幼生期から終末期、緊急時から日常利用まで幅広くご利用いただけます。

ファミリー

@niftyペットでは、飼っているペットの情報やお住まいの地域をブラウザのcookieに保存することで、より便利にお使いいた

さい。

あなたの飼っている(検討中の)ペットは何ですか?

あとで見たいページを5件までストックします。

動物だって辛い!!「犬の鼻炎」~病状編~

人間の症状と同じ犬の鼻炎ですが・・・

当院に治療に訪れる患者さんで、ここ最近増えている症状が「犬の鼻炎」です。
人間同様、犬にも「鼻炎」があります。
「鼻炎」とは何かと言いますと、ウイルスや細菌が鼻腔や副鼻腔に侵入し、鼻の中の粘膜に起こる炎症の事を言います。主な病状は、鼻水やくしゃみなどです。人間の症状と同じですね。

初期の鼻水は水のようにサラサラしていますが、慢性化し重度になると二次感染の結果、黄色や緑色のドロリとした膿のような鼻汁が出てきます。副鼻腔炎を引き起こす可能性もあります。
鼻炎により、腫れ上がって鼻腔が狭くなっているので、息が苦しくなり呼吸困難になる為に、苦しそうな呼吸音が聞こえる場合も出てきます。また、寝ている時のいびきが増えたりもします。

特に冬の時期になりますと乾燥して寒いシーズンには、ウィルスも蔓延しやすく、粘膜が刺激されて感染を誘発しやすくなるので、注意しなければならない病気の1つなのです。

では「鼻炎」の原因はと言いますと、鼻腔や副鼻腔にジステンパーなどのウイルスや細菌、真菌が感染して起こります。また、鼻の中に腫瘍ができたり、異物の吸い込みなどで鼻粘膜が傷ついたりすることでも発症します。
その他に、口蓋裂、歯周病などの口の中の病気やアレルギーが原因となって発症する場合もあります。

この春の季節「花粉症」に悩まされると、多くの場合「皮膚」に症状があらわれ、皮膚が赤くなって皮膚炎になったりするので、飼い主さんもそちらに目がいってしまいがちですが「鼻炎」と言うのも気つけて欲しいのです。
人間とちがい鼻の骨が柔らかい犬の場合、例えば痒がって、鼻を床にこすりつけてしまい鼻を骨折してしまう子もいますので要注意です。

執筆者のご紹介

佐藤 貴紀

佐藤 貴紀院長

白金高輪動物病院 中央アニマルクリニック総院長
生年月日:1976年2月6日生まれ
 
〈略歴〉
麻布大学 獣医学部 卒業 
西荻動物病院副院長 
dogdays東京ミッドタウンクリニック副院長  

2008年7月 白金高輪動物病院 開業 
2011年4月 中央アニマルクリニック 開院 

循環器学会会員
専門は循環器で「循環器学会認定医※」
※循環器学会認定医は全国に60人しかいないと言われています。
著書『猫の急病対応マニュアル

白金高輪動物病院

108-0072 東京都港区白金1−16−5HMBビル1F

0332807703

白金高輪動物病院の詳細を見る

ペットのお悩み相談

最新のお悩み相談

動物病院を検索

条件を指定して探す

  • キーワード

  • サービス・設備

ウサギで掴むと大変なことになる部位は?

@niftyペットとは

全国の動物病院検索をはじめ、獣医さんによるコラムやお悩み相談、はじめてペットを飼う方にも安心してご利用いただけるペット図鑑や医学書など、幼生期から終末期、緊急時から日常利用まで幅広くご利用いただけます。

ファミリー

@niftyペットでは、飼っているペットの情報やお住まいの地域をブラウザのcookieに保存することで、より便利にお使いいた

さい。

あなたの飼っている(検討中の)ペットは何ですか?

あとで見たいページを5件までストックします。