なぜ飼い主に付きまとうの?犬の「後追い行動」の原因と対処法|ペットと安心して楽しく暮らすための情報満載の@niftyペット

@niftyペットとは

全国の動物病院検索をはじめ、獣医さんによるコラムやお悩み相談、はじめてペットを飼う方にも安心してご利用いただけるペット図鑑や医学書など、幼生期から終末期、緊急時から日常利用まで幅広くご利用いただけます。

ファミリー

@niftyペットでは、飼っているペットの情報やお住まいの地域をブラウザのcookieに保存することで、より便利にお使いいた

さい。

あなたの飼っている(検討中の)ペットは何ですか?

あとで見たいページを5件までストックします。

  • 飼い方・しつけ

なぜ飼い主に付きまとうの?犬の「後追い行動」の原因と対処法

なぜ飼い主に付きまとうの?犬の「後追い行動」の原因と対処法

犬が自分の後を付いてきてくれるのはうれしいものです。「そんなにわたしのことが好きなの?」といとおしい気持ちになります。ですが、いままで寝そべっていたのに、水を飲もうと立ち上がっただけでガバッと起き上がり、「どこ行くの?」とばかりに付いて来る、トイレの中まで入ってくる、お風呂に入っているとドアの前で待っている、出かけようとすると不安そうに吠えるなどとなると、ちょっと心配になります。

犬の過度の後追いは「分離ストレス行動」のひとつ

飼い主の後を付いてくるという行動(後追い行動)それ自体は、どんな犬にも見られます。これは犬が家畜化されて、人間といっしょに暮らす中で獲得していった習性といえるでしょう。その意味では通常の行動です。

半世紀ほど前、犬の放し飼いが普通だったころには、犬たちは当然のようにリードなしで散歩に行っていました。トレーニングなどする人はほとんどいなかったにもかかわらず、犬たちはちゃんと飼い主といっしょに散歩をしていました。飼い主が出かければ、その後を追って付いてきます。

このように犬が後追い行動をするのは普通のことです。しかし、寝ていても飼い主の動きにつられて起きてくるとか、いつでも、どこにでも付いてくるというのは、通常の行動とはいえません。犬の方も常に飼い主の後を付いてまわっていると、ゆっくり寝ていることができずに睡眠不足になりますし、疲れてしまいます。

過度の後追い行動は、犬がひとりでいられないということを意味します。なぜひとりでいられないかというと、ひとりでいると不安で、いても立ってもいられなくなるからです。不安のあまり、飼い主から離れられなくなっているのです。以前にこのコラムで、分離ストレス行動について取り上げましたが、後追い行動は、その分離ストレス行動のひとつなのです。

不安」によって一時的に後追い行動をする場合も

分離ストレス行動の原因は不安にあります。人間でも、なにか怖い思いをした後には、不安になることがありますよね。怖いテレビ番組や映画などを見た後に、子供がひとりでトイレに行けなくなったり、親といっしょに寝てもらいたがったりするなどということがよくありますが、犬も同じように、怖いことを体験することで不安になり、人のそばにいようとするということがあります。ただし、これは一時的なものなので、しばらくして落ち着いたら付きまとうことはなくなるでしょう。

また、新しく迎えたばかりの犬は、環境の変化によって不安になりますから、後追い行動をすることがよくあります。とくにペットショップやブリーダーから迎えた子犬は、本来なら親兄弟といっしょにいる時期に人間の手によって引き離されて、まったく知らない場所に連れて来られる訳ですから、恐怖や不安から後追いをするのは当然のことです。そんなときに、ケージなどに閉じ込めたりすると、不安がよりいっそう大きくなり、後追い行動が悪化してしまいますので気をつけましょう。

後追い行動が日常的に続く場合は原因を考えてみよう

一時的な恐怖や環境の変化などがなくても、常に不安を抱えている犬には、日常的な後追い行動が見られます。後追い行動にお悩みの方のほとんどが、このケースだと思われます。冒頭で述べたような、トイレやお風呂の中まで付いてくる場合は、なんらかの不安を抱えていると考えたほうがいいでしょう。
不安の原因といっても、とくに心当たりはないという方がほとんどだと思います。ですが、飼い主が「これぐらい大丈夫」と思うようなことでも、犬にとってはとても怖かったり、嫌だったりすることがたくさんあります。

以下に、不安の原因となることをピックアップしてみましょう。

執筆者のご紹介

川上さとえ

川上さとえ 

犬猫の問題行動カウンセラー。ヨーロッパ思想史の研究者として大学で教鞭をとっていたが、動物保護活動の実践から動物権利論や動物福祉論を研究するようになる。その後辞職して、ヨーロッパでドッグトレーニングの研修を受け、犬猫の問題行動カウンセラーとして、アニマルケア・サービスPO N O PO N O を立ち上げ、悩める犬猫の手助けを開始。アニマルライツ(動物の権利)や動物福祉の実現に向けて啓発活動を行う。毎日アップされるブログ「ドッグウォーカー博士のスローライフ」はアクセス数も多く人気。現在、猫2匹、犬4匹と暮らしている。

動物病院を検索

条件を指定して探す

  • キーワード

  • サービス・設備

ゴールデンハムスターは寒くなると冬眠する?

@niftyペットとは

全国の動物病院検索をはじめ、獣医さんによるコラムやお悩み相談、はじめてペットを飼う方にも安心してご利用いただけるペット図鑑や医学書など、幼生期から終末期、緊急時から日常利用まで幅広くご利用いただけます。

ファミリー

@niftyペットでは、飼っているペットの情報やお住まいの地域をブラウザのcookieに保存することで、より便利にお使いいた

さい。

あなたの飼っている(検討中の)ペットは何ですか?

あとで見たいページを5件までストックします。