猫は人間に対してだけ鳴き声を使い分け、人間をしつけようとしている?|ペットと安心して楽しく暮らすための情報満載の@niftyペット

@niftyペットとは

全国の動物病院検索をはじめ、獣医さんによるコラムやお悩み相談、はじめてペットを飼う方にも安心してご利用いただけるペット図鑑や医学書など、幼生期から終末期、緊急時から日常利用まで幅広くご利用いただけます。

ファミリー

@niftyペットでは、飼っているペットの情報やお住まいの地域をブラウザのcookieに保存することで、より便利にお使いいた

さい。

あなたの飼っている(検討中の)ペットは何ですか?

あとで見たいページを5件までストックします。

  • ニュース

猫は人間に対してだけ鳴き声を使い分け、人間をしつけようとしている?

猫は人間に対してだけ鳴き声を使い分け、人間をしつけようとしている?

猫としゃべれたらいいのに。猫好きな人なら、誰もが一度は妄想したことがあるのではないでしょうか。

猫は自由気ままに生きているように見えるので、人間になんてひょっとして関心がないんじゃないかと思うこともあるかもしれません。ところが、実際には「にゃ~」という猫の鳴き声は、かなりバリエーションが豊富で、猫は鳴き声を使い分けたり、尻尾やひげを動かしたりすることによって、人間とコミュニケーションを取ろうとしていることが研究によって明らかになっています。

猫の鳴き声について、最新の動物行動学の成果をご紹介します。

猫は人間に対してだけ鳴き声を使い分けている

鳴き声を使い分けることによって、猫は人間をしつけよう、訓練しようとしている。そう主張するのは、『How to Speak Cat(猫との話し方)』という著作もある猫の専門家ゲイリー・ウェイツマン博士。

博士は猫の鳴き声には24種類もあると分析します。そして、鳴き方を変えることによって、自らの要求をかなえてくれるように、人間をしつけようとしているのだそうです。猫が「にゃ~」と鳴いているときは、実のところは人間にああしろ、こうしろと命令しているようなものなんですね。

しかも、猫が鳴き方を変えるのは、人間に対してだけ。そして、その鳴き方もすべての猫に共通するのではなく、個体によって異なるそうです。

執筆者のご紹介

おのれ

おのれ 

東京在住、生粋の道産子。フランスに数年住むうち、いつのまにかネコ派になってました。かわいいネコ画像と動画を眺めては日々萌えを叫んでいます。

動物病院を検索

条件を指定して探す

  • キーワード

  • サービス・設備

@niftyペットとは

全国の動物病院検索をはじめ、獣医さんによるコラムやお悩み相談、はじめてペットを飼う方にも安心してご利用いただけるペット図鑑や医学書など、幼生期から終末期、緊急時から日常利用まで幅広くご利用いただけます。

ファミリー

@niftyペットでは、飼っているペットの情報やお住まいの地域をブラウザのcookieに保存することで、より便利にお使いいた

さい。

あなたの飼っている(検討中の)ペットは何ですか?

あとで見たいページを5件までストックします。